ロボットに「皮膚の感覚」を与えて自己再生&再利用可能な「人工皮膚」が発表される

ロボットに「皮膚の感覚」を与えて自己再生&再利用可能な「人工皮膚」が発表される

By University of Colorado Boulder組織の自己治癒が可能で、圧力や温度などのセンサーを内蔵できる人工皮膚(電子人工皮膚)を開発したことをコロラド大学ボルダー校の研究

シェア
前の記事ノルウェー交通局、冬の道路状況予測でNIRA Dynamicsのコネクテッド技術に投資
次の記事デンソー、コネクティッド事業強化でクリエーションライン社に出資
日々のあらゆるシーンで役立つ情報を提供するIT系ニュースサイト。毎日更新中。http://gigazine.net/ 2000年4月1日より運営している老舗ニュースサイト。 1ヶ月のページビューは2013年10月時点でRSSなど含めて約8930万、1ヶ月のユニークユーザー数は約2910万。また、アルファブロガー・アワード2009ガジェット部門にて第1位となりました。 読みは「ギガジン」、オンラインマガジンとしてギガバイト級のサイトという意味で、「MAGAZINE(雑誌)」+「GIGA」を由来とする造語。 英Guardian紙の「世界で最も影響力のある50のブログ」に選ばれ、また、世界176カ国、延べ2900万人が読む世界最大の英文週刊ニュース誌として、パーソン・オブ・ザ・イヤーなどで有名な「TIME(タイム) 」の「世界のブログトップ25」にも選出されています。 auニュース、livedoorニュース(2012年8月末時点では月間約5億5000万ページビュー)、Googleニュース、goo ニュース、NTTドコモ(dメニューニュース)、コメンテーターにニュース配信中。 2006年4月にブログ形式に変更、2006年7月より編集部体制で記事を更新。2007年1月中旬と9月末に負荷増大のためサーバ移転し、2010年には運営開始10周年記念として朝日新聞出版から「GIGAZINE 未来への暴言」を出版、2010年12月にトップページのレイアウトを全面的に変更、2013年には「GIGAZINEシークレットクラブ」を開始、今に至る。